事業内容

  • エコネコルホーム
  • 事業内容トップ
  • 金属プラスチックリサイクル
  • 固形燃料製造
  • 手解体・希金属リサイクル
  • 自動車リサイクル
  • 貿易
エコネコルホーム > 事業内容トップ > 手解体・希少金属リサイクル

手解体・希少金属リサイクル

究極のリサイクル、それはやはり「人の手」によるもの。

希少金属・レアメタルといった言葉がはやる昨今のスクラップ業界。日本から雑品として輸出された使用済み電子部品から、金、銀、プラチナやパラジウムといった価値の高いものを手間暇かけて取り出す中国企業がある一方で、機械では難しい細かな作業のリサイクルは、人件費の高い日本では敬遠されてきました。しかし、天然資源の少ないわが国ではこの状況が見直され始め、日本の廃棄物は「都市鉱山」と呼ばれるようになり、さらに金属スクラップ市場の高騰が追い討ちをかけ、現在では多くの事業者がこの希少金属リサイクルに参入しています。
当社では、大手メーカーとの提携により、複写機の解体・リサイクルを行っております。通常のスクラップ材とは違い、複写機は単純に破砕・選別という工程を通るのではなく、まずはトナーや蛍光灯、バッテリーなどリサイクルできる部品を取り外す作業が必要となります。多いときには月1,000トンを越える入荷のある複写機を、当社のスタッフが一台一台丁寧に解体し、リサイクル率の向上に貢献しております。
また、複写機以外のOA機器、電化製品等につきましても、人力による解体工程を設置しております。パチンコ等の遊技機、パソコン、自販機、ATM等を多岐に渡る機械・製品を解体し、基盤や希少金属を含む部品を回収しております。当社の選別施設においては、この類の金属類を分別することは非常に困難です。しかし「もったいない」を究めるリサイクルも、最後は人の手によるものであると考え、エコネコルは世界一のリサイクルベンチャー企業を目指し、新たなビジネスモデルを創造しつづけます。




◆ ネオジム回収

家電等に使われているコンプレッサー(黒モーター)やOA機器に使われているハードディスクに使用されているネオジム磁石を回収する事業に力を入れています。 特に平成23年度は経済産業省の「レアアース等利用産業等設備導入事業」に採択され、その補助を受けて設備の増強と回収効率の向上をはかっています。
(1)黒モーターの断面
(2)ハードディスクから取り出したネオジム磁石


◆ リチウムイオン電池からの希少金属回収

電気自動車の普及等により今後使用量が増えることが見込まれるリチウムイオン電池。 当社ではこの電極材からニッケル、マンガン、リチウムなどの希少金属を回収する事業に取り組んでいます。 本件もネオジム回収同様、経済産業省の「レアアース等利用産業等設備導入事業」に採択されております。
(3)リチウムイオン電池の内部


◆ 遊技機、OA機器、小型家電リサイクル
~高齢者・障害者の方々の雇用機会の拡大~

テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫の4品目は既に家電リサイクル法の下リサイクルが進められていますが、当社では長年培った手解体技術を駆使して、遊技機(パチンコ・スロット)、OA機器や音響製品など家電リサイクル法の対象とならない小型家電からの希少金属回収にも、地方自治体の方々と協働して取り組んでいます。 また手作業の多いこの事業では多くの高齢者や障害者の方々が作業に携わっており雇用機会の拡大にもつながっております。
(4)手解体した部品の選別作業
(5)障害者のための作業コーナー(静岡県の障害福祉推進基金事業に採択されております)


ページの先頭へ戻る